国土交通省は、タクシー運賃を天気や曜日、客足などに応じて変動させる新しい制度を導入する検討に入った。ダイナミック・プライシングとも呼ばれる仕組みで、需要が少ない時に運賃を下げ、多い時に上げる。タクシー利用客数の全体的な底上げが期待できる反面、交通弱者や運転手への影響も指摘される。

全文は、こちらになります。

以下が、タクシーに変動運賃、天気・客足に応じて設定…国交省が検討 / ユーザーのコメントになります。

コメント数、6

  1. 1 popo***** 2021-05-10 05:07:11
    単純に、料金体系がわかりづらいものは利用しづらい。
    8 0
  2. 2 hek***** 2021-05-10 05:10:56
    こんなの面倒くさいし先に料金提示されてもトラブルになりかねない
    多分、大体の会社はよほどな時以外は固定料金でやるんじゃないかなあ
    5 0
  3. 3 jun***** 2021-05-10 05:09:33
    雨の日に乗る機会が増えるのに、値上げなら乗らない。
    5 0
  4. 4 sxg***** 2021-05-10 05:14:29
    現場を知らない奴の考えそうな事だ‥‥‥
    4 0
  5. 5 wqh***** 2021-05-10 05:43:01
    タクシーって殆どが歩合給で食べてますから近場より遠方が良いし、空いてる道より渋滞路の方が運ちゃんは、嬉しいからね。
    2 0
  6. 6 kei***** 2021-05-10 05:47:18
    ヤフコメ民は乗らないから関係ないでしょ。
    1 0