『週刊ダイヤモンド』5月15日号の第一特集は「戦慄のK字決算」です。新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄された2020年。多くの企業は大打撃を受け、戦慄の決算発表が迫っています。今回の決算を象徴する言葉は「K字」。コロナ禍からの回復は一律ではなく、回復できる企業と落ち込む企業へと二極化するK字を描くというのです。明暗を分けるポイントは何か。戦慄のK字決算をダイヤモンド編集部の総力取材で先取りします。(ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之) ● 21年の経済成長率は軒並み上方修正 ワクチン接種が進む中、日本は一人負け  世界では新型コロナウイルスとの戦いの「出口」が見え始めたようだ。  4月6日、国際通貨基金(IMF)が公表した最新の「世界経済見通し(WEO)」。2021年の世界経済(実質GDP<国内総生産>)の成長率はプラス6.0%になるという見通しで、1月時点の予測から0.5ポイント上方修正した。  コロナショックに見舞われた20年の世界経済成長率はマイナス3.3%と、第2次世界大戦以降で最悪を記録した。そこから一転、21年は1980年以降で過去最高の成長率となる予測で、「不透明感の高い中でも公衆衛生と経済の危機の出口が見えてきた」とIMF経済顧問兼調査局長のギータ・ゴピナート氏は総括した。  IMFのレポートによれば、年始の予想を上回る経済回復の背景にあるのは、ワクチン接種の普及や米国などの巨額財政支援、そして新しい働き方への適応だ。その一方で、ゴピナート氏はこう警鐘を鳴らした。  経済の回復について、各国間および各国内で危険なほどの差が開きつつある――。  ゴピナート氏の指摘通り、今回経済成長率を大きく上方修正した国に共通するのは、コロナのワクチン接種が進んでいることだ。  例えば成長率を1.3ポイント上方修正して6.4%の見通しとなった米国では、ワクチン接種回数が2億回を超え、必要な回数のワクチン接種を完了した人の割合が3割弱に達している(4月25日時点)。  他にも、人口の2割弱の接種が完了している英国の成長率は0.8ポイント上方修正して5.3%と、ワクチン接種の進捗状況が、コロナ禍からの経済回復のバロメーターの一つになっている。  こうした世界の状況と比べると、日本は他国に差をつけられている側の“負け組”だ。

全文は、こちらになります。

以下が、コロナ後「K字経済」の実態、世界各国間でも国内企業間でも危険なほどの差が開く! / 皆の意見になります。

コメント数、8

  1. 1 crm***** 2021-05-10 06:32:04
    今の日本は、戦後に加工貿易で稼いだ貯金を海外に投資して
    配当で何とか食いつないでいる状況ですが
    まもなく経常収支も赤字に転落します。

    人口減少、特に生産人口が急激に減っていきますので
    内需依存の企業は、中長期的に見ても展望が厳しいですね。
    17 4
  2. 2 mik***** 2021-05-10 06:11:48
    要するに、政治家が統括できる人口が、ニュージーランドや台湾程度がよいということ。
    日本は多すぎ。
    なのに、ワクチンも感染対策も、何でもかんでも中央集権で、国内の自治体間に有効な競争が起きないので、全滅する。
    使えない政治家は、この後も何度も出てくるので、体制を変えないと「無理」!
    17 9
  3. 3 **k*:***o 2021-05-10 06:22:34
    技術大国復活という王道だが骨が折れる手段を選ばず、楽な観光国を目指した結果が大外れとなり、ずるずると三流国へ。
    11 4
  4. 4 m_n***** 2021-05-10 06:25:02
    もう国毎に考えるのは却って害悪だと考えることにしました。外需をうまく取り込めているソニー、NIDEC、信越化学など最高益更新企業が続出。衰退市場にへばり付いているだけの某小売・サービス業績などもう面倒見切れません。
    10 2
  5. 5 ytj***** 2021-05-10 06:16:12
    トップで変わることはある。
    9 2
  6. 6 m***** 2021-05-10 06:16:05
    内容が激薄な記事。帝国データバンクのコピペ(# ゚Д゚)
    7 2
  7. 7 bo****** 2021-05-10 06:48:37
    世界中の先進国がコロナ以後ではなくコロナのなか経済V字回復してる中、日本はワクチン接種以外も取り残されそうですが
    (アメリカは現在バブル警告出ました)
    日本の今年度予算の効果は各指標が出る6月以降上昇するのは確実でこの状態含みで株価が一段上がったわけで、皆さんの悲観ばかりの今後は明るさはあるわけですが、
     退場していただく業種も明確になり、雇用の振り分けも変わるんでしょうね。

     リモートはなくなります、リモートが進めばAIはリモート人材はコストと判断するはずで人員整理が始まります、これはジョージオーウェルです。
    0 2
  8. 8 mep***** 2021-05-10 07:12:10
    この4-6の四半期の数字が日本はまた悪化する見込みなので、この記事の内容は切実だ。
    0 0